日々の生活絵図鑑 real illustration

2017.10.15 Sun 他人の絵を見て意見をいうこと

昨日はTIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)のイベントで
同じTISの会員の上杉忠弘さん、塩川いづみさんと共に
若い人達の作品を見てアドバイスをするという機会を得た。

絵を見て欲しいと参加して来た20人くらいのイラストレーター駆け出しの人達は
すでに一様に絵が上手い。すでに仕事ができるだろうというようなレベルの人も多い。
それなのにほとんどの人が、自分がどういう絵、方向で行ったらいいかを悩んでいる。
いく種類ものタイプの絵を持ってくる人も多い。外国人が2人いたのも時代を感じる。
こちらは3人で1人づつ色々アドバイスをする訳だけど、
必ずしもそれぞれに言われた事が正しいとも限らない。
僕らは僕らが発見してきた中で、こう思うという事しか言ってあげられない。

自分も若い時はそうだったので分からなくもないけど、
結局絵を描いてきて分かったことは、他人は色々言ってくれるけど、
結局はその人の解決策でしか無く、最終的には自分で選択して決めて行くしかないのだ。
人生で自分が選択した事の連続が今の自分であるように、
迷いながら、試しながら、時には失敗しながら
ジグソーパズルでピタリと違和感がないピースを探して、ピースを決めて行くように。
絵が見えてくるまでには時間もとてもかかる。

絵には答えはない。自分で発見していく事しかない。
何かを発見するには観察と行動が必要。そして何かしらの発見がなければ上達もない。
その発見は色の組み合わせの人もいれば、形の人もいる。マチエールかもしれない。
その発見したものが、多くの人にたまたま共感を持ってもらえれば
仕事が増えたり人気が出るだけのこと。

一生答えは出ないし、一生悩みもモヤモヤも消えない。
一生に何かを発見しに彷徨わなくてはならない。
ジグソーパズルが1つ終わっても、また新たなジグソーパズルを始めざるをえない。
モヤモヤが消えたり、何かを発見をするワクワク感や悩みが無くなたり、
新しいジグーパズルに興味が無くなったらその時点で絵描きは終わっている。
という事は悩んでいる事を楽しめない人、
行動の伴わない人、選択ができない人は先に進めない。
30年絵を描いてきても、仕事はしていても、新人の人と何も変わらない。
人の絵をみる機会をいただいて改めて発見した。結局そういう事なのだ。

2017.08.28 Mon God spider

Godspi-H1

Godspi_all

godspi_illust

パラグアイの刺繍、ニャンドゥティを描いて欲しいという依頼。
大きい刺繍はオリジナルだが他は伝統的なパターンを参考に描いた。
実際のニャンドゥティはカラフルで派手だし、色で見せるモチーフだと思ったので
いつもの透明アクリルよりガッシュ(不透明アクリル)を提案するも
いつもの描き方が希望との事でいつもより若干下地の砂地を細かめに作った。
立体感のほとんどないモチーフなので普段の何度も塗り重ねる描き方だと
どうなるのだろうと思ったけど、できるだけ糸や影も含め立体感の雰囲気は残した。
原画は画面に無駄のないよう割り付けただけだが、
鈴木さんがうまくパターン化してレイアウトしてくれて綺麗なカバーになった。
いつもの事だが彼女の印刷の色出しは何も言わなくても
こちらの意図をきっちり汲んでくれるので頼もしい限り。
原画よりも印刷物の方が綺麗かもしれないと思う事もある。

三浦明博/著 講談社 鈴木久美/装丁

2017.04.16 Sun 「装画と挿画のオシゴト」終了しました。

お忙しい中、展示に足を運んでいただいた方々、本当にありがとうございました。
盛況のうちに無事終了することができました。
これを励みにこれからもコツコツと精進していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

チカツタケオ

2017.04.10 Mon チカツタケオ「装画と挿画のオシゴト」展はじまります。

本日より「装画と挿画のオシゴト」展が
Gallery House Mayaさんで15日(土)まで行われます。
展示の内容をまとめた小冊子(1,000円税込)も漸く昨日届きました。
ギャラリーにて展示期間中お求めいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。

小冊子1
小冊子2

[More...]

2017.03.07 Tue チカツタケオ展[装画と挿画のオシゴト]

個展2017

日時:2017年4月10日(月)〜4月15日(土)
   11:30〜19:00(最終日17:00まで)日曜休廊
場所:ギャラリーハウスマヤ
   東京都港区北青山2-10-26 03-3402-9849

イラストレーターとしては初の展示になります。
新潮社刊の「母性」「豆の上で眠る」「絶唱」
湊かなえさんの小説の装丁に使われた装画を中心に
仕事で描いた小説の装画と雑誌、文芸誌等の挿絵の原画の展示になります。
また2月に発売された村上春樹さんの「騎士団長殺し」の原画も展示予定です。
お近くにお越しの際はお立ち寄りいただけると幸いです。