日々の生活絵図鑑 real illustration

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.16 Sun 「装画と挿画のオシゴト」終了しました。

お忙しい中、展示に足を運んでいただいた方々、本当にありがとうございました。
盛況のうちに無事終了することができました。
これを励みにこれからもコツコツと精進していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

チカツタケオ
スポンサーサイト

2017.04.10 Mon チカツタケオ「装画と挿画のオシゴト」展はじまります。

本日より「装画と挿画のオシゴト」展が
Gallery House Mayaさんで15日(土)まで行われます。
展示の内容をまとめた小冊子(1,000円税込)も漸く昨日届きました。
ギャラリーにて展示期間中お求めいただけます。
どうぞよろしくお願いいたします。

小冊子1
小冊子2

2017.03.07 Tue チカツタケオ展[装画と挿画のオシゴト]

個展2017

日時:2017年4月10日(月)〜4月15日(土)
   11:30〜19:00(最終日17:00まで)日曜休廊
場所:ギャラリーハウスマヤ
   東京都港区北青山2-10-26 03-3402-9849

イラストレーターとしては初の展示になります。
新潮社刊の「母性」「豆の上で眠る」「絶唱」
湊かなえさんの小説の装丁に使われた装画を中心に
仕事で描いた小説の装画と雑誌、文芸誌等の挿絵の原画の展示になります。
また2月に発売された村上春樹さんの「騎士団長殺し」の原画も展示予定です。
お近くにお越しの際はお立ち寄りいただけると幸いです。

2017.01.25 Wed 比ぶ者なき

比ぶもの無き表紙
比ぶ者なき原画

気付けば丁度この仕事の話が来ていた7月以来更新していなかった…。
この小説はなかなか面白かった。
自分が10代で学んでいた歴史の内容が今の教科書の内容と違う所があるように
時代が変わって色々新しいことが発見されると歴史の認識も変わって来る。
丁度、天皇陛下の退位も話題になっているだけに興味深い内容。

玉座を描いて欲しいというのが最初の依頼。
調べてみると奈良に復元されたものがあるようだが
装飾も殆ど無くあまりにもシンプルで絵になりにくそう。
ということで打合せ後何度がやり取りがあり背景も一緒にという絵になった。
いつもはもの1つモノを描く依頼が多いだけに自分としては新鮮な装画。

ノワール小説が多い馳さんの初めての歴史小説のようで
出版社も気合いが入っていたように思えたが、
思ったよりも宣伝されていず発売後は心配していた。
年末に原画を引取りに行った時には以外と売れていて重版もかかりそうとのこと。
面白い小説でしたので是非読んでみてください。

馳星周/著 中央公論新社 bookwall/装丁

2016.07.11 Mon 食品廃棄の裏側

食品カバー
食品オビ

カツを袋詰めにした絵というアイディアも出ていたが、
白バックに揚げる前の白いカツで死人?のようなイメージで
薄寒そうな雰囲気が出来ないだろうかとという話になった。
白バックに白は何度か描いた事があったけど、
白い物を描く場合、一度ではなかなか立体感と色幅もある絵は描けないので
濃いめの色や原色を点在させながら立体感を出して描いてから、白で上から描く。
僕は主にリキテックスのソフトタイプを使っているので
ガッシュと違って下の色が透けるのでそれを繰り返し立体感と色幅を出す。
最初から仕上がりイメージは出来ていたけど、
カツの衣が細かいだけに描いては上描きして、描いては上描きにとても苦労した。
締切内で原画(絵)単体としてはもう一つ説得力が足りないというか、
寂しいかなとも思ったけど、そこはイラストレーション。
デザイナーさんの力で白場をいかし、文字が入ってぐっと良くなって、
絵画じゃないからこれで良かったんだと一安心。
装画の仕事は共同作業である所が面白いよなと久々に思った。

石渡正佳:著 アルビレオ:装丁 日経BP社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。