FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > Tag > 2011

2011.11.09 Wed グレープフルーツ

グレープフルーツ2

あなたに、大切な香りの記憶はありますか?
阿川佐和子、石田衣良、角田光代、熊谷達也、
小池真理子、重松清、朱川湊人、高樹のぶ子/著・文藝春秋、の為の装画。
打合せの段階では細かい所まで詰められなかったので、
背景の色は装丁家の方に変えてもらってかまわない変わりに、
通常描いているグレー地に描いて、別途暖色系、寒色系の薄い背景をお渡しした。
クリーム色の背景になり、やさしさとやわらかさが出て良かったと思う。
この仕事に関しては原画より、装丁の方がずっと美しくなった。
自分の絵はハードカバーのマット系の紙には良くなじむけど、
文庫本のグロスコートだとコントラストが上がり過ぎるかと心配していたけど、
うまく印刷コントロールしてくれて、中間トーンも飛びすぎず、満足出来るレベルだった。
写実的な絵の場合描き込み過ぎると、時に何か余計な主張が出過ぎる事があるので
この絵の場合は描き込み過ぎず、出来るだけ爽やかに見える範囲で手を止めた。

Acrylic, 45cm×30cm (2011)

2011.10.18 Tue Puyricard

Puyricard

Aix en Provnceの近郊にあるPuyricardという街の風景。
Puyricardにはカリソン工場があって
そこを見学しに行った時に取った写真を元に描いたもの。
Puyricardは観光地でないごく普通のフランスの住宅街で、
工場見学でも日本のようにお土産はくれなかった。
でも作りたてのまだ温かいカリソンの味とこの雲は忘れられない思い出。
ヨーロッパは日本と違って雲が低くてダイナミックだなとつくづく思う。

Acrylic, 30cm×30cm (2011)

2011.10.06 Thu 方位磁石

hoijishaku

JAL機内誌「SKYWARD」10月号の為の挿絵。
「旅をキーワードに自由に描いてください」との依頼で、
ネットで何かないかと探している時にYahooオークションでこれを発見。
自分用に持ってても面白そうだったので、クライアントのGOサインが出る前に落札。
砂地に描いてるだけに、目盛りは描きづらく、目がとても疲れた。

Acrylic, 45cm×45cm (2011)

2011.09.08 Thu 国民の万年筆

stylo

「『経済と国家が分かる 国民の教養』 三橋貴明/書」の為の装画。
万年筆は著者の愛用の物。ずっと借りてはいられないので撮影をする事になったが、
わざわざ編集の方が社内のカメラマンにお願いしてくれ、とても恐縮だった。
売上げは好調のようで発売から数日で増刷がかかったそうだ。
今回は最初からモチーフが決まっていたので、
この本はまだ読んでいなけど、ぜひ読んでみようと思う。

Acrylic, 30.0cm×22.5cm (2011)

2011.08.23 Tue タラノメ

taranome

178人のイラストレーターが描く「スマイル」展参加してます。
日時/8月30日(火)~9月30日(金)
   11:00a.m.~7:00p.m. 日・祝日休館 入場無料
場所/クリエーションギャラリーG8
   東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F

Acrylic, 31cm×31cm (2011)