FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 靴図鑑

2018.10.09 Tue 「茶碗継ぎの恋」 鏑木蓮/著

「茶碗継ぎの恋」  角川春樹事務所 装丁/高柳雅人さん

歴史小説はあまり読んだことなかったけど、
歴史小説といってもいろいろな切り口があるんですね。
「京都・東寺の縁日で見つけた傷のある古い茶碗と謎の書き付け。
京都を舞台に、江戸と現在の”男と女”を結ぶ
愛と哀しみの書き下ろし長編ミステリー」(帯より)

茶碗継ぎ原画

茶碗継ぎ装丁

2015.07.22 Wed その愛の程度

その愛の程度1

その愛の程度2


「その愛の程度」(講談社)小野寺史宜/著の為の装画。
デザイナーの高柳雅人さんと編集の方で講談社の図書室にあった本の中から
お互いのイメージに近い物としてこのケーキがモチーフになった。
西荻窪の紅茶専門店グレースのカボチャケーキ。
実際にワンホール+1カット買って来て一切ればかり味見して描いています。
ほんのり甘く素朴な味わいがまさにこの本の内容に合っていると思う。
本が仕上がってから、編集の方、著者の方と共にグレースで
このカボチャのケーキを食べながらしばしお話しましたが、
主食がご飯ではなく”ちくわ”だという小野寺さんは
本の内容とも相まってやさしそうな素朴な方でした。

2014.07.31 Thu 短時間に挑戦(6)

桜餅

描きたいものは沢山ある。描いてみたいかなっというのはもっと沢山ある。
でもいつも描いている45cm四方で描くと時間がかかってなかなか先に進まない。
小さいサイズで出来るだけ短時間で描き込まず描いてみようと描いてみた。
他の仕事しながらだったけど下絵を含めて足掛け2日の実質1日弱。
このくらいであれば板の準備さえできていれば
イラストレーションとしても何とか実用にはなりそうだ。
相方は「ティーバックみたい」と…。
セクシーさを狙ったつもりは全くないのだけど…。

270mm×270mm 板 acrylic

2014.07.13 Sun 怪談狩り〜赤い顔〜

熊の縫ぐるみ
マッチ

怪談狩り〜赤い顔〜」中山市朗/著 メディアファクトリーの為の装画。
前回の「怪談狩り」の第2弾。今回は熊の縫ぐるみ。
女性担当編集者の方が子供の頃から大切にしていたという縫ぐるみ。
縫ぐるみや人形は怖いですね。僕も子供の頃、両親の寝室にあった日本人形が怖くて、
怪談のテレビ等で人形の髪の毛が伸びるってやってたりすると
うちのも伸びている気がして来て怖かったです。
耳の焦げは演出なので現物は焦げてません。
目が魚的で怖かったので右目が正面に来るよう構図をとってみました。
編集の方、デザイナーの方とあーだこーだと打ち合せの中で
みんなの意見で一つのものが出来て行く事は楽しいですね。
今回もデザイナーはPANKYの渋井史生さん、若い方ですが優秀です。
この夏書店で2冊並べて販売されるそうです。
7/18発売。売れたら第3弾もあるそうなのでよろしくお願いします!

45cm×45cm acrylic

2011.08.18 Thu 靴図鑑(38)

caussure38

靴図鑑(38)『これも自分、あれも自分(1)』
先日、突然モニターがマゼンダ色になって壊れた。
パソコン関係は忙しい時に限って壊れる。
仕事にならないので即、渋谷に出向いてどうせ買うなら次はAppleの液晶モニターと、
奮発して大きいのを買って来たのだが、どうも未だに液晶のコントラストに慣れない。
CRTのモニターの時は良い感じに見えた画像が甘くトーンが飛んで見えるし、
ちょっと調整すると今度はコントラストが高くなりすぎる。
しかも、今まではモニター1台に古いMacと2台繋いでいたけど、
新しいモニターは古いMacに繋げない。
(1万円以上出せば外国製のコネクターは無くもないようだけど。)
大は小をかねるとデカイの買って来たらパソコンが最新じゃないせいか遅くなった気も…。
ま、買ってしまったものはしょうがない。卓上は整理出来たので良しとしよう。

Acrylique, 45cm×45cm (2011)