FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 展覧会・イベント

2019.08.06 Tue 「わたしのイモムシ」桃山鈴子展

「わたしのイモムシ」桃山鈴子展、面白かった。
夏場はしんどいので余程のことないと
知らない作家さんの展示は観に行かないのだけど、
モチーフの面白さと点描表現が気になってどうしても観たかった。

 幼虫ってこんなに綺麗だった?こんなに形していたんだ?って思うし、
自然物の中に美があることを改めて確認させられます。
画像でしか見てないときは、最近多い手描き風パソコン画と思ったら、
全部幼虫を飼って、虫眼鏡で観察して漫画用Gペンとインクで描いていて、
バックも古典的テクニックの紅茶とか使っているそうです。
1枚10日位かかるらしいけど、描いているうちに幼虫が変わっていって、
でもそのまま描き続けるため1枚の中に数日間の幼虫がいるのも面白い。

 手描きで時間かかる絵を描いていると時間さえかければ描けるから
簡単みたいに思ってるような人もたまに見かけるけど、人は人、
絵は技術も関係ないし、自分が描きたいものに対して必要な画材、
自分ができる技術で表現したい世界を描けばそれで良いのだと思うし、
いつの時代もそういう作家さんは必要に思います。

 「わたしのイモムシ」桃山鈴子展はHBギャラリーで7日まで。
#桃山鈴子展 #HBギャラリー

虫1

虫2

虫3

2018.11.18 Sun 野村美也子個展 「あたり」

野村美也子さんの個展に行ってきました。
実は僕は野村さんの絵とは真逆なのだけど影響を受けています。
今回は砂地のテクスチャーではなかったけど、
砂地に描かれた抽象絵画のような絵が好きで、
昔よくG8展でどう描いてるんだと、近くから遠くから絵を
食い入るように観ていました。
David Liebmanの「WATER」というCDのジャケットの絵が好きで、
もう聞かないのに未だに手放せない。
今回はあえてキャンバス地にチャレンジしたそうで、
割と具象の絵もあり新鮮です。下のちょっとした文章も結構面白かったです。
ここの所、公私共に落ち着かない状況で駆け足でしたが伺えたのはよかった。
自由が丘の「ギャラリー自由が丘」で25日まで。
https://www.gallery-jiyugaoka.com

のむ1

のむ2

のむ3

のむ4

のむ5

のむ6

のむ7









2018.10.30 Tue ILLUSTRATION WAVE 11/4(日)まで

 仕事帰りにIllustration Waveを観てきた。
基本的にイラストレーターのグループ展に懐疑的な自分だが、
今回はイラストレーターが企画した展示でサイズテーマの縛りもない。
そのせいかみんな生き生きして見えた。
絵画系の〇〇会展なんてのよりずっと面白いと思う。

 自分がイラストレーターにあこがれていた時代は
こんなエネルギーがあった。
時代といえば時代だけど、いつからイラストレーターは
お仕事ちょうだい的になってしまったんだろう…。
展示する方も出品する作家も楽しんでいなければ、観に来る人は楽しめない。
この展示は楽しんでいるのが感じらえる展示です。
ぜひ一般の人にもっと観てもらいたい。

 今回は公私ともに重なっていてお手伝いもできなかったが、
本業の仕事をしながらボランティアで
運営をされている方々にはつくづく頭がさがる思いだ。
ギャラリ−3331 11/4日まで。

3331-1



2018.05.13 Sun チカツタケオ「その時、あの時」展終了しました。

一平ちゃん2

連休明けの週でお忙しいところ、お越しいただいた方々ありがとうございました。
おかげさまで、楽しく有意義な1週間になりました。
2015年の「靴図鑑」と今回の2回の展示で
この10年でやりたかった事をようやく発表できました。

写実的な絵はどうしても技術を観察されてしまいます。
あくまでも写実は表面としてだけ利用したい自分には、いかに技術を意識させず、
「観る」ではなく「見る」とか「感じる」ような、
「技術」でなく「芸術」でもなく「美術」の範疇で、
「漢字」でもなく「ひらがな」でもなく、「カタカナ」のような
絵を描きたいと思って模索して10年。
来場者が1人しかいなかった時に見ていただいた方に「茶室のようだ」とのコメントは、
ジャンクなモチーフの中に画像では伝わらない空気感を感じてほしいと思っている
自分にとっては一番嬉しいコメントでした。
これを励みに、次の10年に向けて「見て」「感じて」もらえる「絵」を
模索していきたいと思います。

2018.04.18 Wed チカツタケオ展 「その時、あの時」

チカツタケオ展 「その時、あの時」

日時:5/7(月)~5/12(土) 11:00~18:00
   ※最終日は17:00まで
場所:画廊宮坂(http://www5a.biglobe.ne.jp/~miyasaka/top.html)
住所:東京都中央区銀座7-12-5 銀星ビル4F
電話:03-3546-0343

どうぞよろしくお願いいたします。

chikatsu-koten2018.jpg