FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2013年12月18日

2013.12.18 Wed 海外の出版社との仕事

檸檬

ある日、英語で仕事の依頼が来た。
梶井基次郎の檸檬の翻訳に以前描いた絵を使いたいと言う。
全く知らない外国人からの仕事の依頼は初めてだったので、最初はとても戸惑った。
南フランスのアルルにある出版社で、自分がフランスにいた時に住んでいた
エクサン・プロバンスという街とそう遠くない街で、滞在時2度程行った事もあり、
海外からの初めての仕事が南フランスという事に何か縁を感じた。
この絵は日本の文庫本の為にグレープフルーツを描いたものだったのでそれを伝えると、
「フランスではグレープフルーツは日本のレモンのようなもの」と訳の分からない事を。
ん〜、久々に大らかなフランス人らしいアバウトさに緊張も少し和らいだ。

ちょうど仕事が終わるか終わらない頃、フランスから来ていたフランス人の友人家族が
京都等を回って、3週間のヴァカンスを終え帰国した。
数週間前に東京で会った時、「仕事はどうだ」と聞くから、冗談半分、もちろん本気半分で
「リーマンショック以来良くはない」とちょっと渋い顔で言ってしまった。
この仕事が終わった翌日、「南仏にもあなたに合いそうな出版社がある、
興味があれば手を貸そうか」と2社の出版社の名前が記されていた。
その1社が今回の本の出版社だった。
インターネット時代、とても世界は狭いと思うとともに、
今は仕事は世界中にあるのだなとも感じだ。