FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2014年04月

2014.04.24 Thu 怪談狩り

怪談狩り

「怪談狩り」中山市朗/著 渋井史生/装丁 メディアファクトリーの為の装画。
良くあるおどろおどろしい怪談物の表紙ではなく、
じわじわと怖さがつたわるような表紙にしたいという依頼。
リカちゃん人形や100円ショップ人形を3体裸にして参考に机に並べているのをみて
家人は”キモイ”と。確かにいい親父が裸の人形をいじっているのが一番怖くてキモイかも。
帯や中の表紙が「そうくるか!」というデザインで面白いです。
是非本屋さんで1度手に取ってみてください。
あっ、手に取って買ってくれるとシリーズとして続くそうです。
ので、よろしくお願いいたします。5月9日発売です。

45cm×45cm acrylic

2014.04.18 Fri 良く効くうがい薬

うがいぐずり

20歳代の頃、営業のおばちゃんに教えてもらった
毎年冬になると活躍するもの凄く「良く効くうがい薬」。
のども痛みも歯の痛みも1〜2日で効いて来る。
…なる程良く効くはずだ。

40cm×40cm acrylic

2014.04.17 Thu 短時間に挑戦(4)

ロウソク少年少女

うちにあるロウソクの子供達。これに火はつけづらいな…。
世の中でこのロウソクに火をつけた人どのくらいいるのだろう。
「火をつけにくい二人のロウソク」

鉛筆、コピー用紙、photoshopで調色

2014.04.16 Wed 短時間に挑戦(3)

カボチャおじさん
カボチャバック

職業としてのイラストレーターとして短時間を意識する事は大切だけど、
写実の絵を描く自分の場合は陸上で例えればマラソンランナー。
マラソンランナーが短距離ランナーと同じ早さで
走ろうと思う事に無理がある事に気付いた。
100mを10秒切ろうなんて思ってはいけない。
15秒、20秒でも良いから走り続けてみよう。
きっとその内、少しは早く走れるコツが見つかるはず。

ちなみにこの絵はフランスにいた時に撮った写真を元に描いてます。
向こうの野菜は茄子もカボチャも大きくてみんな形が個性的だった印象があります。

鉛筆、コピー用紙、photoshopで調色

2014.04.14 Mon 豆の上で眠る

飴

「豆の上で眠る」湊かなえ/著 只野綾沙子(新潮社装幀室)/装幀
指輪の飴が今回の依頼。二人の姉妹の失踪したお姉さんが戻って来たけど、
どこか以前のお姉さんと違うという話の装画。
普段は赤は赤茶を使う事が多いのだが、今回は赤を奇麗に見せるため、
手持ちの赤の絵具全部の色見本を作って描いてみた。
奇麗な赤を表現するのって結構難しいと勉強になりました。

30cm×45cm Acrylic