FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2015年05月

2015.05.26 Tue 歪んだ蝸牛

カタツムリ

「歪んだ蝸牛」田中経一 著 幻冬舎 デザイン/鈴木成一デザイン室
カタツムリの上にアンテナが立っているという依頼のお仕事。
左の絵は表紙(業界用語では表1)、左の絵は背に使われている。
2点が同一平面上にいるようにと指示があった。
カタツムリがはった後にテラテラと光る痕を描けないかと話があったのだが
白バックに透明な光った痕は僕の技量では難し過ぎる。
仕上がりの本を見たらデザイン上で文字に絡めて上手く表現していただいています。

2015.05.21 Thu 聖地X

聖地X

昨日、ポスター等の仕事をした「聖地X」という演劇を観て来ました。
演劇を観た記憶は数える程しか無かったけど、始めて演劇が面白い!と思いました。シリアスな重い内容かと思っていたら、ストーリーはミステリアスな内容にユーモアたっぷり。最近はテレビに全く興味が無くなり、お笑い番組を見ても笑う事も無くなった自分でも何度も笑えて時間を忘れられるくらい面白かったです。 やっぱりライブは違います!
東京公演は5/31(日)まで。お見逃しなく。
詳しくはこちら→イキウメホームページ

2015.05.01 Fri 絶唱/湊かなえ

絶唱

「絶唱」湊かなえ/著 只野綾沙子/装丁 新潮社の為の装画。
湊さんの装画3冊目。湊さんの装画を描く時は
比較的女性らしい柔らかさは残したいとは思っている。
装丁のデザイン担当も女性というのもあり柔らかい女性らしいモチーフも多い。
画面に蟻がいるのはとても自分らしいが、今回はデザイナーの意図で入れている。
最初タイトルは黒のスミ文字だったけど最終的に白抜きになった。
営業や販売の抵抗もあったと思うけど、この絵に黒のタイトルは
目立つけど強過ぎると思う。タイトルだけ目立って全体のイメージを壊してしまう。
デザインは文字で伝えらない部分をイメージで伝える事でもあるので
文字が強くなくともイメージで奇麗だなと目に留まってくれれば
言葉と同じかそれ以上に伝わるものがあると常に思っている。
白に拘ったデザイナーさんのセンスに感謝。

45cm×35cm acrylic