FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2016年02月

2016.02.24 Wed 怪談狩り〜四季異聞録

四季異聞録オビ

四季異聞録絵

「怪談狩り〜四季異聞録」 中山市朗/著 KADOKAWA 装丁/坂詰佳苗

中山さんの怪談は3冊目。いわゆる怪談と言ってしまうと
幽霊とか血なまぐささを想像してしまうが、
中山さんの性格なのか、そう言うおどろおどろしさはまったく無く、
どこか最後はほのぼのとしたり、希望や人生の切なさも感じる。
短い話が中心の怪談話という形を取った一つひとつの“物語”で
数ページの中にピリっと一振りスパイスを加える事で広がりがあって、
星新一の怪談版なんて感じるのは自分だけだろうか。
ショートショート怪談なので通勤、通学の合間に電車の中でも楽しめる。
毎晩寝る前に1話ずつ読むのもいいかもしれない。

今回は「怪談狩り」でも「市朗百物語」ではないのでデザイナーさんが違う。
デザイナーさんが違うと絵を描く人間は同じでもカバーイメージが少し違って来る。
子供の足のアイデアはデザイナーさんと編集の方のアイデアだが
描き上がった時には自分は「おしん」を想像してしまった(笑
でもそれは物語に広がりを感じさせるという事で良いのだと思う。
今までの2冊は裏表紙に少し怖さを加えるようなものを描いて来たが、
今回は冬から春へと希望とか温かさ加える方向をイメージさせるものにした。
どこかカバーを角の取れた怖さと広がりをまとえると、
この独特の奇妙な話達の読み物としてのニュアンスも伝わるのだが、
今回も目的が達成できているかは売れ行き次第だ。