FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2018年10月

2018.10.30 Tue ILLUSTRATION WAVE 11/4(日)まで

 仕事帰りにIllustration Waveを観てきた。
基本的にイラストレーターのグループ展に懐疑的な自分だが、
今回はイラストレーターが企画した展示でサイズテーマの縛りもない。
そのせいかみんな生き生きして見えた。
絵画系の〇〇会展なんてのよりずっと面白いと思う。

 自分がイラストレーターにあこがれていた時代は
こんなエネルギーがあった。
時代といえば時代だけど、いつからイラストレーターは
お仕事ちょうだい的になってしまったんだろう…。
展示する方も出品する作家も楽しんでいなければ、観に来る人は楽しめない。
この展示は楽しんでいるのが感じらえる展示です。
ぜひ一般の人にもっと観てもらいたい。

 今回は公私ともに重なっていてお手伝いもできなかったが、
本業の仕事をしながらボランティアで
運営をされている方々にはつくづく頭がさがる思いだ。
ギャラリ−3331 11/4日まで。

3331-1



2018.10.24 Wed 「ワンダフルワールド」 村山由佳/著

「ワンダフルワールド」 新潮社 装丁/田中愛子さん(新潮社装幀部)

まさに今日見本が届きました。
自分しては珍しいバックありの絵。
女性の著者さんなので優しさが出るように心がけました。
レースの刺繍それなりに描きたかったので、
文庫の原画にしては大きめの画面サイズ(40cm×30cm)なので
文庫の割には少々描きすぎたかな。
ちょっと写真ぽくなってしまったのは反省。

POPも送ってくれたので、POPもアップしておきます。
まさにPOPのコピーのような著者の村山さんの優しやも感じる
切なくもありほっこり和む大人の恋愛短編集。
女性にも男性にも楽しめる小説だと思います。
帯のキャッチも「体を熱くするあの匂い」。
裏にを見ると「ーこあなたとこうすの、好きよ」
「俺だってそうだよ」。
どうぞよろしくお願いいたします。

ワンダフルワールド原画

ワンダフルワールド装幀

ワンダフルワールドPOP



2018.10.22 Mon 今週のお仕事状況 20181022

今週のお仕事状況 ★★★☆☆

★☆☆☆☆→まだまだ余裕があります。
★★☆☆☆→比較的余裕があります。
★★★☆☆→標準的な仕事状況です。
★★★★☆→少し混み始めてますが概ね問題ありません。
★★★★★→混んではいますが、まずはお問合せください。

更新時における1〜2週間以内の大まかな目安です。
混み合っている時でも内容や工夫次第で
可能な場合も多々ありますのでお問合せいただければと思います。

お問い合わせはホームページのcontactでお願いします。

2018.10.22 Mon Number 927 キタサンブラック

2017年のお仕事]
Number 927号 文藝春秋 AD:永井翔さん、D:中川真吾さん

キタサンブラックです。資料はもらいましたが、馬はなかなか難しい。
おそらく馬を写実に描いたのは初めてだと思う。
骨格や筋肉のある人間や動物はちょっと足やポーズを変えるだけで
筋肉の動きが変わってくるだけに難しい。
騎手(確か武豊?)とキタサンブラックを
別の資料から組み合わせた記憶があります。
普段、あえて動きのない静的な光と影で表現するのではない
絵を描いていますが、いつもの砂地の描き方は躍動感が出ないので
キャンバスボードに筆のタッチを残して描いています。

キタサンブラック

Number927



2018.10.16 Tue 「無敵の二人」 中村航/著

「無敵の二人」 文藝春秋 装丁/関口信介さん

ちょっと前にワイドショーを騒がせていたボクシングの事件で
赤いグローブを見るたびに思い出していました。
今後も赤いグローブを見るたびに必ず思い出すでしょう。
関口さんとの最後のお仕事になってしまいました。
個展の時も出社前に自転車で颯爽と駆けつけてくれ、
仕事でも常に気持ち良くさせてもらいました。
40歳というのはあまりにも若すぎです。
ありがとうございました。

グローブ

無敵の二人帯

無敵の二人