FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 2019年02月

2019.02.18 Mon 今週のお仕事状況 20190218

今週のお仕事状況 ★★★☆☆

★☆☆☆☆→まだまだ余裕があります。
★★☆☆☆→比較的余裕があります。
★★★☆☆→標準的な仕事状況です。
★★★★☆→少し混み始めてますが概ね問題ありません。
★★★★★→混んではいますが、まずはお問合せください。

更新時における1〜2週間以内の大まかな目安です。
混み合っている時でも内容や工夫次第で
可能な場合も多々ありますのでお問合せいただければと思います。

お問い合わせはホームページのcontactでお願いします。

2019.02.18 Mon 「砂上」 桜木紫乃/著

[2017年のお仕事]
「砂上」 桜木紫乃/著 KADOKAWA 装丁:須田杏菜さん(KADOKAWA)

 1人の40歳代の女性が小説家を目指し、デビューして行くというお話。
「あなた今後、なにかしたいんですか」と問うような、
そうとう手厳しい編集者に鞭打たれながらデビューして行くのだけど、
もちろん著者さんと主人公が重なる。
どこまでが事実でどこは創作か非常に気になる。ある出版社の人が、
それうちの〇〇かもって言ってたから、結構現実に沿った内容も多いのかな? 
絵を描く人と同じくものを創っていく人の苦しみや
悩みが伝わって来て非常に興味深く面白い小説です。

 面白いのが「ぬにゅ〜ぽんぽん」の編集担当が「砂上」の編集の方。
「砂上」の乙三(編集者)のようには厳しくなかったですが、
2年後に自分自身が絵本デビューになるとは(笑

 画像のカバーはニス加工等で明るめですが、
原画はこの画像の中間くらいのブルーグレーだったように思います。
原画は作家さんの元に嫁いだので記憶がさだかではありません。

砂上原画

砂上カバー

砂上帯

砂上内容

2019.02.12 Tue 今週のお仕事状況 20190212

今週のお仕事状況 ★★★☆☆

★☆☆☆☆→まだまだ余裕があります。
★★☆☆☆→比較的余裕があります。
★★★☆☆→標準的な仕事状況です。
★★★★☆→少し混み始めてますが概ね問題ありません。
★★★★★→混んではいますが、まずはお問合せください。

更新時における1〜2週間以内の大まかな目安です。
混み合っている時でも内容や工夫次第で
可能な場合も多々ありますのでお問合せいただければと思います。

お問い合わせはホームページのcontactでお願いします。

2019.02.12 Tue 「プラスチックの祈り」 白石一文/著

[2019年のお仕事]
「プラスチップの祈り」 白石一文/著 
朝日新聞出版 装丁:鈴木成一デザイン室さん

身体の一部が次々プラスチック化していくという内容で、
下手な小説家だとチープになるところをさすが直木賞作家の白石一文氏、
次々先が読みたくなる展開の面白さと、記憶がキーになっているためか
「君の名は」のような自分の記憶すらも切なく淡いセピア色に攪拌される。
装幀家の鈴木成一氏もこの面白いを共有したいので
ぜひ読んでもらってから打ち合わせしたいと言われるほど絶賛。

装丁も最初にプラスチック化している骸骨を描いて欲しいと言われた時には
ストレート過ぎてチープにならないかと危惧したけど、
こちらもさすが装丁界の巨匠、鈴木成一氏。
淡いブルーが品よく640ページを超える存在感ある1冊は画像では分かりません。
本屋で実物を見てもらえればと思います。
帯はトレペで、最初は表紙にキャッチを印刷して透けているのかと思ったら、
裏から印刷しているようです。

近年、小説自体が面白い仕事に当たっていますが、
その中でもこの小説は3本の指に入るくらいオススメ。
作家さんも、出版社も、装丁家さんも気合が入っているな(もちろん僕も?)
と感じる1冊です。どうぞよろしくお願いいたします。

プラスチック帯

プラスチックカバー

プラスチック原画

2019.02.04 Mon 今週のお仕事状況 20190204

今週のお仕事状況 ★★☆☆☆

★☆☆☆☆→まだまだ余裕があります。
★★☆☆☆→比較的余裕があります。
★★★☆☆→標準的な仕事状況です。
★★★★☆→少し混み始めてますが概ね問題ありません。
★★★★★→混んではいますが、まずはお問合せください。

更新時における1〜2週間以内の大まかな目安です。
混み合っている時でも内容や工夫次第で
可能な場合も多々ありますのでお問合せいただければと思います。

お問い合わせはホームページのcontactでお願いします。