日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 展覧会・イベント > クリエーターEXPO 参加者の結果、感想

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.07 Sat クリエーターEXPO 参加者の結果、感想

第1回クリエーターEXPO東京にイラストレーターとして参加した結果と感想を記しておきますので、ご興味のある方は来年度以降の参考にしていただければと思います。


●DM送付数
計50通。装幀、デザイナー系年鑑より35件、知人13件、以前仕事の問い合わせのあった人2名に送付。

●DM添付物
A4 1/3に挨拶、作品例(マボロシの鳥、サントリー等)、プロフィール、ホームページアドレス、名刺。

●DM反応
知人以外は1人だけDMのお礼の葉書をいただくのみ、来場者はゼロ。DM送付後のホームページのアクセス数は通常と殆ど変わらないのでDMを見ていないか興味がないと思われる。ある装丁家は何通も案内が来たと言っていたので、DMは安っぽく、またかと相手にされなかったか。

●来場者
初日は少な目。2日目以降は一般客含め賑わい有り。午前は3日とも少なめ。12時〜17時くらいが多かった気がします。3日目、所用があり20分くらい遅れた所、名刺が置いてありました。このような事もあるので出会いを大切にしたい方は10時には席にいる方が良いかと思います。上海の出版社の方も仕事があれば依頼出来ますかと名刺交換しました。

1日目/名刺交換→10枚(内、知人・EXPO出展者4枚)
2日目/名刺交換→25枚(内、知人・EXPO出展者6枚)
3日目/名刺交換→18枚(内、知人・EXPO出展者5枚)

2日目より原画展示、手持ちのポストカードを置いて名刺150枚、ポストカード100枚くらいが無くなりました。

●来場者傾向
歩いている方はIT系、出版社編集者が多かったようには思いました。自分の所には文芸書系の編集者は皆無でした。出展者以外の装丁家も少数、広告系のデザイナーや出版社営業、異業種が多かったです。

●出展者
イラストレーターは初心者のような方から名前を知っているベテランの方までいました。

●会場雰囲気
雰囲気的にはGEISAIのようなノリ? 出店のようにチラシやグッズを立って配っている人も多数いました。グッズ、チラシのようなお土産があると足を留めやすくなります。

●その他
印刷会社やグッズ制作会社、コンテンツ制作会社の逆売込みも多いです。それはそれで有益な出会いも有り。中には端から全員の名刺を集めている怪しいおじさんもいたので注意が必要かとも思います。席を立つ際は名刺、ポストカードは少なめに出しておく方が良いかもしれません。場合によっては消費量がかなり増えます。

●感 想
周りには否定的な意見もありましたが、第1回という事で注目もあびる可能性があるかもしれないのと、僕は個展をやっていないのでDMを送るきっかけにと、あえて1度だけのつもりで参加しました。個人的には仕事に繋がる繋がらないより異業種の方を含め、予定していない出会いが沢山あり、今までとは違うニーズの発見の可能性が出て来て参加した事に大変満足しています。他のイラストレーターと作品の傾向が違う上、売込みを積極的には行わなかったので殆どの方はスルーでしたが(準備不足で自分自身の展示の仕方も悪かったです)、異業種、異分野も含めお声をかけていただいた方には、自分の予想以上の評価をいただき大変励まされました。すでに自分を知っている方、ファンと言ってくれる方も何人かいるのが知れて嬉しかったです。思いがけない再会というのもありました。絵のタイプにもよるとは思いますが、事前の準備、売込み方をしっかり検討すれば、ある意味でイラストレーターにとっては出版社の出すイラストレーター年鑑よりも直接会える分だけ仕事に繋がる可能性はあるイベントかとは思います。ただし時節柄、当然の事ながら聞こえてくる商談の多くは安く早くのイラストレーターを探している方が多いようです。自身は今回のみのつもりですが、ポジティヴに売込みをしたい方は来年以降検討の余地はあるかと思います。

お越しいただいた方、ありがとうございました。ここでの出会いがお互いにとって良い出会いになる事を願うとともに大切にして行きたいと思います。
      

[追記(13.5.30)]
クリエーターEXPOに興味を持ってこのブログに来る方も多いので、良さそうな事ばかり書いて良いイメージだけが先行してしまっても責任を感じるので、もう少し追記しておきます。
およそ1年経って、自身は上記の通り参加した事には満足ですが、今のところ仕事には全く繋がっていません。一緒に参加していた知合いの中には仕事に繋がったと今年も参加している人もいますし、逆に「仕事無いから参加したんでしょ」と足下をみられ考えられないような安い金額で話は来たり、不快な思いばかりで思い出したくもないと言う人もいます。
主催者からのメールや再度参加依頼等の電話も必要以上に多く、その割には昨年もそうでしたが、DMが2通づつ届いたり、本名と仕事名でも届くなど、参加者に対しての管理や対応、サービスは行き届いているとは思えない所もあります。
主催者がうたっているように(主催者自身からもこれでもかというくらいの商売っけを感じますし)、基本的には商談の場なので不利な契約や強引な勧誘を受けたとしても一般のビジネスと同じように自分で交渉、売込みの出来る人向きかもしれません。その辺りも考慮の上、自分なりの戦略をもって参加すれば、全ての人にとは言えませんが、意義あるイベントとも言えると思います。

Comments

name
comment
きたざわけんじ : URL

#- 2012.07.07 Sat 16:10

チカツさんらしい行動力に頭が下がります。レポートもすばらしいですね。私は過去にGEISAIに参加したことがありますが「う〜む‥」という感じでした。

チカツタケオ(Takeo CHIKATSU) : URL あら、見てたのね。

#- 2012.07.07 Sat 20:31

いや〜君の行動力には敵いません。GEISAIは若いアーティストのお祭り、こっちは仕事の商談だから違うと思うよ。意外性があって面白かったけど、慣れない事で疲れました。でもこれでちょっと面白くなって来た。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。