FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 習作 > 生まれて始めての銅版画(写真製版2)

2014.02.24 Mon 生まれて始めての銅版画(写真製版2)

写真製版2
写真製版3

絵具の絵は手描きの線を写真製版して刷ったもの。
カメラは実験で自分の絵を写真製版してみたもの。これは全くダメだった。
どちらも黒の部分は点か線にしないとその部分が上手くインクが乗らない。
試しとして5〜10cmくらいの銅版に描いているのでどうしても潰れる。
もっと大きいサイズで試してみると違うのかもしれない。
短期間の講習の範囲での実験だから、深く追求するには時間がかかりそうだ。
版画アトリエの責任者の方と話していたら、
学生時代に本格的な写真製版をやったいた事があり
それはもっと細密に再現出るとのこと。ただし問題は薬品が劇薬と言う話だから、
何事も精度の高いものを作ろうと思うと、危険や予算は付き物なのかもしれない。
このフィルムを使った写真製版は、普段の手描きの絵の生っぽさを少し消したい
自分のイメージとは今回はちょっと違ったけど、
手描きの良さと銅版画の良さをうまく活用出来れば
比較的簡単かつ安全に写真製版ができるので、何か新しい表現も見えて来る気はする。
ちなみにこのフィルムの販売と使用方法は「北山銅版画室」という所に詳しく出ています。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可