FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 雑感 > 村田涼平さんの原画を拝見

2014.03.01 Sat 村田涼平さんの原画を拝見

昨日はイラストレーターの会の総会で、歴史小説の挿絵や装画を描く村田涼平さんとお話させてもらい、総会の後で村田さんを含め7人でお茶をして帰ってきた。12月のギャラリーマヤさんでの個展の為に新聞用に描いた原画を持っているとの事で、みんなでねだってで拝見。ん〜〜凄過ぎる!一応プロ?の自分がプロだ(当たり前だけど)!と言葉に出さざるを得ない素晴らしさ。10cm位のサイズに緻密で繊細に描かれている。品格を感じる。新聞の挿絵は時間がないので、比較的簡単に描く方が多い中、「良い〜仕事してますねぇ〜」と思わず唸ってしまう凄さ。画像や印刷ではこの魅力は伝わらない。でも本人は納得いかない様子。村田さんも1回で色を決めてるのかと思ったら、色を薄く何回も重ねて絵を作るらしい。やはり深い色の為には手間は惜しんではいけない。
 4月には八重洲ブックセンターで展示、12月にはギャラリーマヤさんで初個展があるというので絵に興味ある方は絶対見逃してはいけません。これをただで観られるのですから。
TIS村田涼平さんのページ→http://www.tis-home.com/ryouhei-murata

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可