FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 仕事 > 絶唱/湊かなえ

2015.05.01 Fri 絶唱/湊かなえ

絶唱

「絶唱」湊かなえ/著 只野綾沙子/装丁 新潮社の為の装画。
湊さんの装画3冊目。湊さんの装画を描く時は
比較的女性らしい柔らかさは残したいとは思っている。
装丁のデザイン担当も女性というのもあり柔らかい女性らしいモチーフも多い。
画面に蟻がいるのはとても自分らしいが、今回はデザイナーの意図で入れている。
最初タイトルは黒のスミ文字だったけど最終的に白抜きになった。
営業や販売の抵抗もあったと思うけど、この絵に黒のタイトルは
目立つけど強過ぎると思う。タイトルだけ目立って全体のイメージを壊してしまう。
デザインは文字で伝えらない部分をイメージで伝える事でもあるので
文字が強くなくともイメージで奇麗だなと目に留まってくれれば
言葉と同じかそれ以上に伝わるものがあると常に思っている。
白に拘ったデザイナーさんのセンスに感謝。

45cm×35cm acrylic

Comments

name
comment
藍色 : URL

#- 2016.04.01 Fri 13:37

ハラハラして次はどうなると駆り立てられるように
ドキドキしながら読む作品ではないけど、
一気に読んでしまえました。
この著者の本が好きで読んでいるのですが、
今回の作品には特に希望を感じました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

チカツタケオ(Takeo CHIKATSU) : URL Re: タイトルなし

#- 2016.04.02 Sat 18:56

藍色さん、ありがとうございます。
この本は湊さんのいつもの小説とは違うトーンでしたね。
随分前ですがテレビでも湊さんがこの本を携えトンガに再び行かれた番組を観ました。
写実な絵が好きな自分ですから、小説も実話を元にした小説により心を動かされます。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可

Trackback

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

  1. Trackback
  2. 「絶唱」湊かなえ

    悲しみしかないと、思っていた。でも。死は悲しむべきものじゃない―― 南の島の、その人は言った。 心を取り戻すために、約束を果たすために、逃げ出すために。 忘れられないあの日のために。別れを受け止めるために――。 「死」に打ちのめされ、自分を見失いかけていた。 そんな彼女たちが秘密を抱えたまま辿りついた場所は、太平洋に浮かぶ島。 そこで生まれたそれぞれの「希望」のかたちとは? 〝喪... 粋な提案 - 2016.04.01 13:35