FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 雑感 > 他人の絵を見て意見をいうこと

2017.10.15 Sun 他人の絵を見て意見をいうこと

昨日はTIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)のイベントで
同じTISの会員の上杉忠弘さん、塩川いづみさんと共に
若い人達の作品を見てアドバイスをするという機会を得た。

絵を見て欲しいと参加して来た20人くらいのイラストレーター駆け出しの人達は
すでに一様に絵が上手い。すでに仕事ができるだろうというようなレベルの人も多い。
それなのにほとんどの人が、自分がどういう絵、方向で行ったらいいかを悩んでいる。
いく種類ものタイプの絵を持ってくる人も多い。外国人が2人いたのも時代を感じる。
こちらは3人で1人づつ色々アドバイスをする訳だけど、
必ずしもそれぞれに言われた事が正しいとも限らない。
僕らは僕らが発見してきた中で、こう思うという事しか言ってあげられない。

自分も若い時はそうだったので分からなくもないけど、
結局絵を描いてきて分かったことは、他人は色々言ってくれるけど、
結局はその人の解決策でしか無く、最終的には自分で選択して決めて行くしかないのだ。
人生で自分が選択した事の連続が今の自分であるように、
迷いながら、試しながら、時には失敗しながら
ジグソーパズルでピタリと違和感がないピースを探して、ピースを決めて行くように。
絵が見えてくるまでには時間もとてもかかる。

絵には答えはない。自分で発見していく事しかない。
何かを発見するには観察と行動が必要。そして何かしらの発見がなければ上達もない。
その発見は色の組み合わせの人もいれば、形の人もいる。マチエールかもしれない。
その発見したものが、多くの人にたまたま共感を持ってもらえれば
仕事が増えたり人気が出るだけのこと。

一生答えは出ないし、一生悩みもモヤモヤも消えない。
一生に何かを発見しに彷徨わなくてはならない。
ジグソーパズルが1つ終わっても、また新たなジグソーパズルを始めざるをえない。
モヤモヤが消えたり、何かを発見をするワクワク感や悩みが無くなたり、
新しいジグーパズルに興味が無くなったらその時点で絵描きは終わっている。
という事は悩んでいる事を楽しめない人、
行動の伴わない人、選択ができない人は先に進めない。
30年絵を描いてきても、仕事はしていても、新人の人と何も変わらない。
人の絵をみる機会をいただいて改めて発見した。結局そういう事なのだ。

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可