FC2ブログ

日々の生活絵図鑑 real illustration

Home > 仕事 > 「祝葬」 久坂部羊/著

2019.01.29 Tue 「祝葬」 久坂部羊/著

[2018年のお仕事]
「祝葬」 久坂部羊/著 講談社 装幀:bookwallさん

 医者でもある作家さんの小説。
癌の抗がん剤治療や延命治療について問題提起している作品です。
40歳代で癌で亡くなっている近しい知人も3人いるし、昨年も2人癌で亡くなった。
多くの人がいつかは癌になる可能性があるなか、
これを読んでしまうとじゃ自分ならどうする?
長生きって幸せなの?と真面目に考えさせられる作品です。

 モチーフのビジュアルを決めるためにbookwallさんで
2時間近くあれこれアイデアを出し合って、編集の方が
リースはどうかしらとポツリと出て決まったように記憶しています。
そこからは暗くならず白っぽいリース探し。
花曜日さんという静岡の花屋さんで作ってもらい描きました。
細くてボリュームがあるだけに苦労した思い出があります。

 どうぞよろしくお願いいたします。

祝葬装丁

祝葬帯

祝葬原画

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可